苺のヨーグルトクラフティのレシピ/作り方

苺のヨーグルトクラフティ

ビタミンCたっぷりの苺に乳酸菌たっぷりのヨーグルトで、腸にもお肌にもカラダにもいい!何よりとっても美味しい!しかも簡単に作れるのでおすすめのレシピです!

るんるん
乳酸菌もビタミンCも摂れてうれしいデザート!

ヨーグルトを使ってるのでヘルシーで爽やかな仕上がりになります。
甘いものはちょっと…という男の人でも美味しく食べられると思いますよ♪

混ぜて焼くだけの簡単な苺のヨーグルトクラフティ!ぜひお試しください。

ライオン師匠
クラフティは、フランス・リムーザン地方の郷土菓子です。プリンやカスタードのような風味の生地を果物とともに焼いたお菓子といった感じです。

材料(3~4人分)

  • 小麦粉…30g
  • 塩…ひとつまみ
  • メープルシロップ…50cc(※砂糖50gで代用できます)
  • 卵…1個
  • 卵黄…2個
  • ヨーグルト…200g
  • 生クリーム…50cc
  • バニラエッセンス…10滴くらい
  • 溶かしバター…15g
  • いちご…15粒
  • バター(型に塗るもの)…5g

作り方

材料を混ぜる(その1)

ボウルに、卵、卵黄、メープルシロップを入れて泡立て器でよく混ぜ合わせます。

材料を混ぜる(その2)

続けて小麦粉と塩を入れてよく混ぜ合わせます。

材料を混ぜる(その3)

さらに、ヨーグルト、生クリーム、バニラエッセンス、溶かしバターを入れてさらによく混ぜ合わせます。

溶かしバターの作り方
電子レンジでサッとできます。ボウルに無塩バターを入れ、ラップをかけ20秒程チンし、混ぜます。様子を見ながら10秒ずつチンして、バターが液体になったら完成です。

混ぜ合わせた材料をお皿に流しこむ

耐熱皿にバターを塗り、ヘタを除いたイチゴを並べて、よく混ぜ合わせた材料を流し入れます。

焼く

180℃のオーブンで50分焼いて出来上がり。

※50分というのはおおよその目安です。使うオーブンによって多少の差が出ますので、適宜調節してください。焼き上がりの目安は、生地が全体的にきつねいろに色づいてきたころです。

苺のヨーグルトクラフティ
苺のヨーグルトクラフティ

本来はクラフティの材料にヨーグルトは使われませんが、ヨーグルトを入れることで生地があっさりと食べやすくなり、カロリーが抑えられ、果物の酸味とマッチします。

今回は苺を使用していますが、ブルーベリーなどほかのベリー類、ぶどう、いちじく、オレンジなどでもとっても美味しくできます。また、果物だけでなくドライフルーツやナッツ、栗を使うのもおすすめです。

ヨーグルトを自宅で簡単に作れるのはご存知ですか?

2兆個の乳酸菌と酵母にビフィズス菌が加わった人気の手作りケフィアヨーグルト。しかも「生きている」から効果もケタ違い。
ダイエットや美肌に繋がったりと、効果効能で選ぶならおすすめのヨーグルトです。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + 17 =

この記事をかいた人

るんるん

*乳製品を扱う専門メーカー勤務*
牛乳嫌いで小さい頃からヨーグルトを毎日食べていたヨーグルト好き♡
薬局で美容部員の経験があるので美容に関する知識は豊富で美意識高め。女子力UP目指して日々料理の腕を磨いています。