ブリのヨーグルト味噌漬け 西京焼きのレシピ/作り方

ヨーグルト味噌を使ったブリの西京焼き

1200年の歴史が育んだ京料理とヨーグルトから、これまでにない「より美味なる和食」が生まれました。料亭にも負けない、洗練された味の味噌焼きをヨーグルトを使って作ります!

るんるん
ところでヨーグルトと味噌ってホントに合うの??

『ヨーグルトと味噌を合わせて魚を漬けるなんて、ちょっと…』と思っていたら、ぜひその印象を捨ててください!ヨーグルトを使ったこの西京焼きとてもおいしいです。

乳酸菌を豊富に含むヨーグルトが、魚にフレッシュな風味を与え、とっても品のよい味に仕上がります。
その洗練された味は、料亭にもひけをとりません。みそ漬けが苦手、という方にもぜひ一度試していただきたいレシピです。

るんるん
そういえばヨーグルトの味噌漬けはテレビで脂肪燃焼に役立つって言ってたっけ♪これはいい!

材料(3人分)

  • ブリ(切り身)…3切れ
  • 柚子の輪切り…3枚
  • A ヨーグルト…100g
  • A 西京みそ…100g
  • A 塩…小さじ2
  • A 酒…大さじ1
  • A みりん…大さじ1

作り方

ブリの下準備

ブリに軽く塩(分量外)を振って15分ほど置いた後、さっと水洗いしてキッチンペーパーで水気をとり、バットに移します。

ブリに塩を振り水洗いした後水気をとる

材料を混ぜ合わせる

材料Aをボウルに入れ、よく混ぜ合わせます。

ボウルの代わりにジップロックなどジッパー付き保存袋でも代用でき、洗い物が少なくなる分、手間もなくなるのでオススメです。
材料を混ぜる

ブリに漬け込み冷蔵庫で一晩寝かせる

2で混ぜ合わせた材料をバットの上のブリに流し入れ、柚子の輪切りをのせる。
ラップをして冷蔵庫に入れて一晩寝かせる。

輪切りの柚子をのせる

グリルで全体に火が通るまで両面を焼いて完成

翌日、魚焼きグリルで全体に火が通るまで両面を焼いて完成です。このとき、みそが焦げやすいので火加減に注意してください。

西京焼きは、焼き加減が重要です。味噌やみりんは焦げやすいので、強火で一気に焼こうとすると中まで火が通らないうちに、外側が真っ黒…、なんてことも。切り身の厚さにもよりますが8~9分くらい「弱火」でじっくりと、様子を見ながら焼き上げます。
ヨーグルト味噌を使ったブリの西京焼き
ブリのヨーグルト味噌漬け 西京焼き

今回はブリで作りましたが、サワラ、サバ、サケなど、使用する魚は好みのもので構いません。たくさんお魚を買った日は、一部を西京焼き用に仕込んで翌日のおかずにすると良いですね。

京都の郷土料理「西京焼き」

京都では、西京焼きに代表される魚のみそ漬けは、とてもポピュラーな料理です。京都は四方が山に囲まれており、海がなかったことから、どのような形で魚を食べるかは重要な課題でした。こうした事情から、魚を保存食に加工して食べる食文化が発達。身欠きニシンや棒ダラのように、干物を多用するのもその表れです。

西京焼きも同様で、味噌漬けにすることで魚を日持ちさせる工夫から生まれました。しかし、西京焼きは決して保存性のみが目的だった調理法ではありません。味噌は、素材の生臭さを消し、旨味を与えるなどのさまざまな効用があります。味噌に漬けておくことで、よりおいしい焼き魚ができることを、京都の人たちは知っていたのですね。

ヨーグルトを自宅で簡単に作れるのはご存知ですか?

2兆個の乳酸菌と酵母にビフィズス菌が加わった人気の手作りケフィアヨーグルト。しかも「生きている」から効果もケタ違い。
ダイエットや美肌に繋がったりと、効果効能で選ぶならおすすめのヨーグルトです。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × five =

この記事をかいた人

るんるん

*乳製品を扱う専門メーカー勤務*
牛乳嫌いで小さい頃からヨーグルトを毎日食べていたヨーグルト好き♡
薬局で美容部員の経験があるので美容に関する知識は豊富で美意識高め。女子力UP目指して日々料理の腕を磨いています。