夏野菜の冷製ヨーグルトスープのレシピ/作り方

夏野菜の冷製ヨーグルトスープ
るんるん
夏の疲れは秋口にやってきます。

「なんとなくダルい」「疲れやすい」「やる気が起きない」など、夏バテのような不調がある方にオススメしたい、元気を補給する素材を取り合わせたスープをご紹介します。

身体が疲れていると免疫力も低下してしまうので、しっかりと栄養をとって気持ちの良い秋を迎えましょう。

もちろん今回もヨーグルトを使ったレシピとなりますので乳酸菌もたっぷり補給できます!

材料(2人分)

  • とうもろこし…300g(1本)
  • かぼちゃ…200g
  • ヨーグルト…100g
  • 牛乳…200cc
  • メープルシロップ…大さじ1
  • 塩…ひとつまみ
  • 白玉だんご(ゆでたもの)…16粒

作り方

とうもろこしの準備

とうもろこしを、焼き網で焦げ目がつくまで焼いて、実をそぎ落とします。

るんるん
とうもろこしには夏バテ回復の特効薬とされるビタミンB群がたくさん含まれています。

かぼちゃの準備

かぼちゃは適当な大きさに切り、全体に火が通るまで茹でます。

るんるん
かぼちゃには汗で失われやすいビタミンCをはじめとする各種ビタミンやミネラルが豊富に含まれ、昔から体力増強に効くとされています。

ミキサーでペースト状にする

ミキサーに、1のとうもろこし、2のかぼちゃに加えて、ヨーグルト、メープルシロップ、塩を入れてまわし、ペースト状にします。

裏ごしし冷蔵庫へ

3でペースト状にしたものを万能こし器で裏ごしし、30分ほど冷蔵庫で冷やします。

完成

器に盛り、白玉だんごを浮かべ出来上がりです。

夏野菜の冷製ヨーグルトスープ
夏野菜の冷製ヨーグルトスープ

今回ご紹介したお料理は、あっさりと冷たいヨーグルトベースのスープに、口当たりが良くて食べやすい白玉を取り合わせたもの。
夏バテの時に、ヨーグルト+塩+夏野菜は、おすすめの組み合わせです。

るんるん
かぼちゃ、とうもろこしは鮮度のよいものがオススメ!
とくにとうもろこしは、時間が経つにつれ、おいしさ・栄養価ともに落ちてしまいます。

お店では、遠隔地の高価なブランドとうもろこしより安価でも近郊産のフレッシュなとうもろこしを選ぶ、これがおいしいスープ作りの最大のポイントです。

夏~秋口になると体調を崩す方は、真冬よりも多いようです。
単に暑さ負けから来る体調不良だけでなく、クーラーの影響もあって、消化不良、不眠、疲労感などに悩まされる傾向が強くなっています。
これは、極端な温度変化に体がついていけず、自律神経の作用に異常が出てしまうため。
自律神経の不調が最も出やすいもののひとつが消化機能であるため、夏は食欲が失せがちなのです。

夏バテで食べられなくなってしまうと、ついついジュースやアイスなど冷たくて口当たりのいいものばかり食べてしまいがちですが、食べ過ぎると弱った胃を冷やし、余計に調子を崩す原因になりかねません。

ヨーグルトは、一見アイスやゼリーなどの冷菓と同じように思えますが、全く異なる作用を持っています。

まず、ヨーグルトは発酵食品であるため、胃腸を冷やし過ぎることなく、むしろいたわって消化能力を高めてくれて、栄養バランスも良く、夏バテ解消に効果的と言われるビタミンB群もしっかりと含まれています。

ライオン師匠
夏場~初秋にかけてのヨーグルトは、理想的な食材と言えます。

ヨーグルトを使ったスープ、ぜひお試しください。

ヨーグルトを自宅で簡単に作れるのはご存知ですか?

2兆個の乳酸菌と酵母にビフィズス菌が加わった人気の手作りケフィアヨーグルト。しかも「生きている」から効果もケタ違い。
ダイエットや美肌に繋がったりと、効果効能で選ぶならおすすめのヨーグルトです。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 10 =

この記事をかいた人

るんるん

*乳製品を扱う専門メーカー勤務*
牛乳嫌いで小さい頃からヨーグルトを毎日食べていたヨーグルト好き♡
薬局で美容部員の経験があるので美容に関する知識は豊富で美意識高め。女子力UP目指して日々料理の腕を磨いています。