ヨーグルトを生地に加えるだけ!しっとり美味しいシュトーレンのレシピ/作り方

シュトーレン

この記事では

  • 生地にヨーグルトを使った「シュトーレン」の作り方

をご紹介します。

ドイツ発祥のクリスマスのお菓子「シュトーレン」。すっかり日本でもおなじみになりました。デコレーションケーキと違って、ある程度日持ちがします。

基本的には材料を混ぜて焼くだけ、飾りつけの工夫もあまり必要ないし、簡単に作れます。

通常は「牛乳」を使って作られるシュトーレンですが、代わりに「ヨーグルト」を使うことで生地がしっとりと口当たりが良くなり、風味もアップしてとてもおいしく焼き上がります。

材料(2本分)

生地

  • バター…50g
  • 砂糖…15g
  • ヨーグルト…50g
  • 強力粉…100g
  • 薄力粉…100g
  • ドライイースト…3g
  • ぬるま湯…25ml
  • 粉砂糖(仕上げ用)…適宜

フィリング(具)

  • レーズン…40g
  • ブランデー…30ml
  • アーモンド…10g
  • クルミ…10g
  • ヘーゼルナッツ…10g
  • *ゆずピール(甘煮)…50g

*ゆずピールは手作りします

*ゆずピール

  • ゆず…2個
  • 砂糖…40g

作り方

ゆずピールを作る

ゆずの皮をむいてみじん切りにします。

小さめの鍋にみじん切りにしたゆずの皮、実の絞り汁(種が入らないように)、砂糖を入れ、木べらで時折かき混ぜながら弱火で10分煮て完成です。

バターの準備

バターを予め室温に戻しておきます。

フィリングの下ごしらえ

レーズンを器に入れてブランデーに漬けておきます。アーモンド、クルミ、ヘーゼルナッツは粗く刻んでおいてください。

生地を作る

室温に戻したバターをボウルに入れ、砂糖を加えて木べらでよく混ぜます。

そこに(ヨーグルト50g、強力粉100g、薄力粉100g、ドライイースト3g)を入れてよく混ぜ合わせる。全体が混ざり合ったところで、ぬるま湯を入れてなめらかな生地になるまで5分~10分こねます。

発酵させる

こねた生地が入ったボウルにラップをして、1時間発酵させます。

るんるん
シュトーレンは、あまり大きく膨らませる必要のないパンですが、あまり温度が低いと全く発酵が進みません。発酵させるときの室温は25℃くらいが理想です。

発酵させた生地に具材を混ぜる

発酵した生地を2等分して拳でつぶしてくぼみを作り、このくぼみに、2のお酒を切ったレーズン、ゆずピール、アーモンド、クルミ、ヘーゼルナッツを入れて包み込み、打ち粉をふって平にのばします。

形を整え、さらに発酵させる

生地の3分の2を折り込み、残り3分の1をかぶせます。両端を閉じて、舟形に整えます。そのまま20分、2次発酵させます。

オーブンで焼く

天板にクッキングシートを敷き、7で形を整えた生地をのせて、180℃に温めたオーブンで、180℃で20分、200℃で10分焼きます。

仕上げ

焼きあがったら熱いうちにバター(分量外)を裏表にまんべんなく塗り、粉砂糖を全体を覆うようにふるいかけて出来上がりです。

シュトーレン
生地にヨーグルトを加えたシュトーレン

少し寝かせて時間をおいてから食べるのがおすすめです。しっかり冷めてから、ラップで密封して、涼しい場所に置いてください。

るんるん
本来のシュトーレンは保存性を高めるため、多量のラードを入れるなどの工夫がされていますが、カロリーを抑える事を優先しています。涼しい場所で4~5日が目安となります。

ヨーグルトを自宅で簡単に作れるのはご存知ですか?

2兆個の乳酸菌と酵母にビフィズス菌が加わった人気の手作りケフィアヨーグルト。しかも「生きている」から効果もケタ違い。
ダイエットや美肌に繋がったりと、効果効能で選ぶならおすすめのヨーグルトです。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + 1 =

この記事をかいた人

るんるん

*乳製品を扱う専門メーカー勤務*
牛乳嫌いで小さい頃からヨーグルトを毎日食べていたヨーグルト好き♡
薬局で美容部員の経験があるので美容に関する知識は豊富で美意識高め。女子力UP目指して日々料理の腕を磨いています。