ヨーグルト種菌から作るケフィアヨーグルトの作り方

 
ケフィアヨーグルト

市販の牛乳にスーパーケフィアヨーグルトたね菌を加えて24時間常温で置くだけで簡単に自家製ヨーグルトが作れます。ケフィアヨーグルトの特徴である複合醗酵に欠かせない乳酸菌5種と酵母に加え、ビフィズス菌をプラスされています。

用意するもの

  • ケフィアヨーグルトの種菌…1包
  • 牛乳…500ml(使用する牛乳によって出来上がりが変わります)
  • 容器

色々な牛乳で試してみて、お好みの「おいしさ」に出会いましょう!
*初めて作る場合は成分無調整の牛乳を選んでください。

出来上がりの目安

成分無調整牛乳

◎ 固めにできあがります
成分無調整牛乳
口当たりがごくなめらかで、サラッと広がる快い食感です。味わいはまろやかで、脂肪分が高いものほど、濃厚な味わいになる傾向があります。

常温保存可能牛乳

◎ 程よい硬さ
ネットショップなどでよく販売されているロングライフ牛乳です。くっきりとした酸味があり、同時に濃厚なミルキー感が強いので、食べ応えがあります。

低脂肪牛乳

◯ 少し柔らかめ
やや乳清が多く生じます。少し柔らかめですが、なめらかにおいしくでき上がります。フレッシュな酸味が特長で、あっさりと清々しい口当たりです。

無脂肪牛乳

◯ 柔らかめ
低脂肪牛乳よりも、さらにあっさりとした味わいになります。乳清も多く生じます。さらっとした口溶けで、フルーツのような爽やかさが特徴です。

低温殺菌牛乳

△ 柔らかめ
ゆるめにでき上がります。商品によっては固まりづらいものもあります。酸味や牛乳の風味は際立って良く、適度なコクがあり、優しい味わいに仕上がります。

乳飲料

✕ 固まりません
ケフィアヨーグルト作りには向いてません。ほとんどの場合分離し、固まりません。見た目は普通の牛乳に見えるものもあるので注意が必要です。

市販の牛乳パック成分表示に名称の記載があるので見てください。

作り方

今回は成分無調整牛乳を使用して作ります。

くるみちゃんポットに牛乳を500ml入れる

くるみちゃんポットに牛乳500mlを入れる

ケフィアヨーグルトトライアルセットには「くるみちゃんポット」という容器が付属されています。
*お手持ちの容器でもお作りいただけます。

ケフィアヨーグルト種菌1包を入れる

ケフィアヨーグルト種菌を入れる

牛乳の上にケフィアヨーグルト種菌が浮いた状態となりますが、かき混ぜないでそのままフタを閉める。

フタを閉めて常温で24時間このまま静置

フタを閉めて24時間放置する

室温が25℃ある場合、発酵器などは必要ありません。このまま静置してください。
*固まるまで衝撃をあたえたり揺すらないでください。
*室温が30℃以上の場合、20時間くらいと静置する時間を短めにしてください。
*夏場でも醗酵中に牛乳は腐敗しませんのでご安心ください。

24時間後、ケフィアヨーグルトのできあがり

24時間後完成

フタを開けた瞬間、ふわっとケフィアヨーグルトの良い香りがします。
出来たてのケフィアヨーグルトはほんのり温かめです。

出来たてのケフィアヨーグルト

できあがったケフィアヨーグルトは冷蔵庫で保管し、1週間を目途にお召し上がりください。